尻見男はいまだ来ず

 アマゾンから荷物がふたつ届いた。
 ひとつは禁煙ガム、もうひとつはTVケーブルの長いもの。いずれも無菌室監禁の準備品である。
 禁煙ガムは入院当初にも一回購入してみたが、なんだか気休めのような感じであまり役には立たなかった。立たなかったがないよりはましなので、また購入した。しかしこれがけっこういい値段で、計算したら一粒五十七円くらいになるので、ガムとしたら阿呆みたいに高いガムである。
 ケーブルは、無菌室は中の配置が今ちょっとと変わるので、今使っている三メートルのものでは短かかろうと思って七メートルのものを買ったのだ。
 その他には、昨日自宅からボーズのスピーカーを持ってきたし、歯ブラシ二本と醤油も買ったので、準備万端いつでもカモーンである。

 午後、CV(首の静脈に挿れるカテーテル)を挿れた。
 これで三度目である。点滴も採血もこれを通して行うのだが、今まで身体には何の管もついていなかったのでシャワーに入るのも楽だったが、今後はまたいちいち防水フィルムで保護してもらわねばならない。そしてそれよりも何よりも、今回挿れたCVがスムーズに流れ、長持ちしてくれるのを願う。二回目のはあまり長持ちしなかったから。

 それからリハビリの先生が来て挨拶をしていった。無菌室で半寝たきり生活をしていると筋力が著しく落ちてしまうので、それを防止するのだそうだ。
 また、昨日は結局、尻見男(別名、外科医)は来れなかったので、今日来るということになったのだけれども未だ来ず。現在、午後七時である。

 明日、あさってとお見舞いのお客さんが来る予定になっておって、その次の日の月曜日にはいよいよ引っ越し。秒読み状態なのである。