今日は検査の日

 台風な一日であった。
 関東直撃で、電車が止まったり、水が溢れたりでなかなかたいへんだったようである。
 こんな日にはイップクするのにミズキに行けないので雨天イップク場へ行く。敷地内なのだけれど、僕が勝手にそう名付けた場所である。しかし今日はそこでドクター組もちらほら見かけたので、おそらく正式な隠れイップク場になっているのだろう。軒が深く、今日のような風雨の中でもどうにか濡れずにイップクできるのがありがたい。

 午前中はCT検査、午後は心エコー検査があり、その間に点滴があれこれあって、なにやらバタバタしているうちに夕方になってしまった。
 また看護婦と無菌室に移動する話をした。いよいよ感が増してくるのだけれど、やっぱり移植後につらい思いをしているひとを見てきているので、自分もそこへ行くのは少々怖い。
 明日は、肺機能の検査――肺活量?――が入っている。あさってからの外泊に備えて溜まった洗濯物も洗っておきたいのだけれど。
 今朝の採血検査の結果は順調で、血球も血小板ももう正常値まで回復しているようである。体温も今日あたりは終日六度台の平熱にもどってきた。咳は相変らずであるが。
 点滴が今日で終わるので、今度の外泊は身体のチューブを抜いて行けるので外泊先で風呂に入れるのがありがたい。

 夜になって風雨ともにおさまり、おだやかになった。しかし明日はまた雨が降るらしい。何やら夏もすっかり終わってしまったかのようである。
 夕方、ミズキへ行ったらこうもりがしきりに飛んでいた。こんな夕暮れ時は虫がいっぱい飛んでいるのだろうか。
 雨上がりの森もいいものである。