解熱しました。(抗がん剤4日目)

 やっと熱が下がった。
 この二日間、三十度台と四十度台を行ったりきたりしていたのだけれど、どうにか三十六度台まで下がって落ち着いているので、もう上がらないと思う。
 午後になって身体を起こせるようになったし、ヨロヨロであるが歩けるようにもなってきたので、さっそくミズキへ行ってエネルギーをもらってきた。まだ食事も満足にとれないが、濃いコーヒーを買ってきた。
 動けるようになったらどんどん動いていかねば。いつまでも病々と寝ていてはいかん。
 しかし、抗がん剤のたびに、毎度毎度この高熱もしんどいものである。三十七、八度はたいしたことはないが、三十九度、四十度になるとさすがに起き上がれず、ベッドで「ううう」などといっている。
 そして熱の他には、これも毎度の便秘と発疹である。便秘は今回はちょっと今までと違って、今朝から超ゲニである。水様というのか。発疹のほうは腹やら腕、足などに出ていて多少かゆいが、まあたいしたことはない。シャワーできーんと冷やしておけば、かゆみもおさまるのだ。
 ところで……、明日にどんな試練や無理難題がやってこようが、今日一日が平穏に終わればそれでよい。どんな無理難題を放置したところで、命まで取られることはないだろう。まったく今の僕には無理難題ばかりで、デパスばかりな毎日なのである。