749号室解散!

 えー、本日めでたく、隣のジジイさまは大部屋へ移動なさいました。おめでとうございます。
 去られる時も、いらしたとき同様、ご挨拶なしでした。しかしこれで、わたくしは深夜早朝のカーテンシャーッで強制起床させられることもなくなりましたのでしょうから、ま、そちらもめでたしめでたしであります。

 そしてわたくしは、めでたく空いた窓側に移動となりました。
 おかげさまで、やっと森の木々や手賀沼が自分のベッドから見渡せるようになりました。視界広々です。ストレスフリーです。ありがとうございます。
 
 また、無気配のタカハシさんは、今週末に予定通り本退院となります。こちらもまことにおめでとうございます。
 さらに、お菓子のイーダさんは、あと一、二週でいったん退院となり、一週間ほど後に再入院ということになりました。その際はこの部屋ではなく、一般病室へ入るとのことですので、これもめでたいのではありますが、この部屋ではお別れになってしまいますのがさみしいかぎりです。
 イーダさんとはいろいろなお話をさせていただきましたし、お菓子をあれこれたくさんいただきました。ほんとうに気の好いおじさんで、僕は大好きでありました。
 
 かくいうわたくしも、今日の採血結果がよかったので、週末は外泊許可となりました。今回も三泊四日で、金曜日の午後に病院を出まして、月曜の夜に戻ってくると、そういうことになりました。今回は、新宿、横浜、柏というツアーになりそうです。そして火曜日からまた抗がん剤治療です。今回も五日間、地固め療法二回戦目です。最初の抗がん剤治療から数えると三回目となります。さすがに三回目ともなりますとどんなもんか見当もついてきますので、まあまあまたかという感じです。治療中とその翌週あたりで、熱が出たり発疹が出たりとちょっとダメージがありますが、血球が上がってくればまた元気回復であります。
 
 ここへきて749号室のメンバーはバタバタと四者四様、去る者残る者さまざまですが、残留メンバーわたくしひとりを残し、解散のようなことになってしまいました。しかしこれも人の出入りの激しい病室のさだめです。
 
 さて解散の次は新メンバーです。
 わたくしが今日までいたところには、あたらしくカワムラさんという方が入られました。なにやら話好きのファンキーなおじさん風ですが、まだまだわかりません。とりあえずごあいさつと自己紹介だけは丁寧にさせていただきました。
 遠慮がちに病名を聞いてみたのですが、どうも不得要領で、うーん、そんな病気はないと思うのだけどなあ、というようなことをおっしゃっていましたので、そこはよくわかりませんでした。
 
 ま、今日のところは4床満床、ジジイさまとカワムラさんが入れ替わり、わたくしが窓側へ移動したと、そういう状況です。
 それでは、わたくし今日よりは窓側生活を満喫させていただきたいと思います。
 よろしくお願いいたします。