本日デパス10錠です

 しりと歯が本格的に痛くなってきて困った。
 前回の抗がん剤のときは、歯はなかったが、しりはやはりひどいことになって、便秘とあいまってたいへんであった。
 歯は、右下のいちばん奥の歯の、そのまた奥の歯のない部分が腫れて痛んでいる。昨日まではその手前の歯の根元が痛かったのだが、炎症が奥にまで進んだのだろうか。歯そのものは痛くなくなった。
 やはり血球が落ちている今は、身体の抵抗力も当然落ちているから、こういう弱っている部分に炎症が出るのだろうか。よく、普段は何でもなくても、疲れると歯が痛くなるということがあるが、あれと同じ原理だろうか。
 
 しりは、座っていても痛いし立っていても痛い。立ったり座ったりするのにも痛いし、もうあきらめて横になっていようと思った。
 が、しかし朝からプライベートなことがあれあれこれこれと押し寄せてきて、寝てもいられなくなってしまった。それらに対応し、対処するのにデパスを六錠必要とした。朝も二錠飲んでいたから都合八錠である。
 最近、少々ひきひきがひどくなってきている。今日はまあ特別であるが、ほぼ一日中ひきひきしていて、これ以上デパスを飲んでも無駄と思われるのでやめた。
 
 プライベートなこともさることながら、このクリーンルームにいて事務的なことをするのもかなりのストレスである。部屋で電話は使えないので、書類やら電話やらを抱えてマスクをして電話場まで行く。相手が出ない。部屋に戻ってくる。電話がかかってくる。また電話場まで行く。これだけでもかなりのストレスになる。
 マシンガン氏はベッドで平気で電話をしていたが、この部屋に置かれている程度の医療機器にケータイの電波がどれだけの影響を及ぼすのかわからないが、電話くらいは解禁にしてもらいたいと、今日は切に思った。
 そんなこんなで、今日は昼食を食べそこなってしまった。正確には、食べる時間くらいはあったのだが、とても喉を通る状態ではなかったので、フタもあけずにそのままお盆を下げた。
 もうじき五時。ほぼ一日がかりであった。
 
 あ、やっぱりだめだ。心がどんより重く、顔がひきつる。白木蓮へ行っても効果がなかった。というよりストレスが吹き出してきて、そこにいる間ずっとひきつっていた。
 もう二錠、デパスを飲もう。