あかねちゃんと ポッポちゃん(1)

おんなのこが、おへやのじゅうたんのうえで、
えほんをよんでいます。
おうまさんのえほん。
かわいいおうまさんが、たくさんいます。
はしったり、ねころんだり、くさをたべたり。
こうまが、おかあさんうまの、おちちをのんでいます。

おんなのこのなまえは、あかねちゃん。
あかねちゃんは、まいにちこのえほんをよむのが、たのしみなのです。

あかねちゃんは、まだほんとうのおうまさんを、みたことがありません。
このあいだ、みんなでいったどうぶつえんには、
おうまさんはいませんでした。
ぞうさんも、きりんさんも、すてきだったけれど、
いつもえほんでみている、おうまさんがいなかったが、ざんねんでした。

「ほんとうのおうまさんを、みてみたいな……」
あかねちゃんは、えほんをみながら、いつもそうおもうのでした。

そのときパパが、うしろからえほんをのぞきこんで、
「あかねは、おうまがすきなのかい?」
と、こえをかけました。
「うん、だいすき。いつかほんとうのおうまさんを、みてみたいの」

パパは、ちょっとかんがえてから、あかねちゃんにいいました。
「それじゃあ、つれていってあげようか」
「えっ、ほんとう?」
「うん。こんどのおやすみに、いこう」
「うわあ、うれしいな」
「そのかわり、いいこにしていること」
「はあい」

パパがにっこりわらいました。
あかねちゃんも、にっこりわらいました。

    ・    ・    ・

つぎのにちようび、あかねちゃんとパパは、
あさはやくおうちをでて、ぼくじょうにでかけました。

きしゃにのって、がたんごとん、がたんごとん。
あかねちゃんは、ずっとおそとをみています。
パパはずっと、しんぶんをよんでいます。

パパとふたりでおでかけするのは、はじめて。
おうまさんにあうのも、はじめて。
おひさまがにこにこ、おいかけてきます。
あかねちゃんもにこにこ、たのしみだな。

「ねえパパ、おうまさんにのれるかな?」
「のれるといいね」
「のってみたいな」
「パパものってみたいね。ふたりでいっしょなら、だいじょうぶかもしれないよ」
がたんごとん、がたんとごん。
あかねちゃんは、わくわくしてきました。

    ・    ・    ・

ぼくじょうは、おかのうえにありました。
おおきなおうま、ちいさなおうま、くろいおうま、ちゃいろのおうま。
みんなもぐもぐ、くさをたべていました。
かぜがそよそよ、おうまさんのにおい。
おひさまがぽかぽか、とってもいいきもち。

「いらっしゃい」
きゅうにうしろから、こえがしました。
びっくりしてふりかえると、めがねをかけたおじさんが、にこにこしていました。

「よくきたね、おなまえは?」
「……あかね」
あかねちゃんが、おそるおそるこたえると、
「おうまさんがきたら、これをあげてごらん?」
と、にんじんをいっぽんくれました。
「おうまさんはね、にんじんがだいすきなんだよ」
あかねちゃんは、ぺこりとおじぎをしました。
「おじさんの、おなまえは?」
「わたしは、ふくろうおじさんだよ。ゆっくり、あそんでいきなさい」
おじさんはそうこたえると、おおきなてで、あかねちゃんのあたまをなでて、むこうへいきました。

「あのひと、だれかな?」
あかねちゃんがパパにきくと、
「きっと、ぼくじょうのしゃちょうさんだよ」
「ふうん……」
あかねちゃんは、もらったにんじんをみながら、ふくろうおじさんのことが、ちょっとすきになりました。

    ・    ・    ・

そのときです。
いっとうのおうまさんが、あかねちゃんをみつけて、
ゆっくりと、ちかよってきました。

トテトテトテ……。

ちゃいろとしろのもようの、ちっちゃなおうまさんです。
あたまをさげて、あかねちゃんをみつめながら、

トテトテトテ……。

あかねちゃんのいる、さくのそばまできて、たちどまりました。
くびをのばして、おはなをおおきくして、あかねちゃんのにおいをかいでいます。

あかねちゃんは、ちょっとびっくりしました。
だって、ちかくでみると、おうまさんはあかねちゃんより、おおきかったのですもの。
おうまさんは、あかねちゃんがもっているにんじんのにおいを、かいでいます。

フーッ、フーッ……。

おうまさんのいきが、とってもあったかです。
からだのけがふわふわ、やわらかそうです。
くさのいいにおいがします。

「にんじんを、あげてごらん」
と、パパがいいました。
あかねちゃんが、おそるおそるにんじんをおうまさんのおくちに、ちかづけると、

カリッ。

たべてくれました。
「わぁ、おひげがくすぐったいよ」

カリカリカリ……。

おみみをクルクルしながら、おいしそうにたべています。
ゴクンとのみこむと、「もっとちょうだい?」と、くびをのばしました。
あかねちゃんが、のこりのにんじんをちかづけると、
おくちをじょうずにつかって、あかねちゃんのてをかまないように、パクッとたべました。

カリカリカリ……。

おうまさんは、またおみみをクルクルさせました。
「かわいい」
あかねちゃんは、おうまさんをみつめながら、ニコニコ。
かぜが、そよそよ。
おひさまは、ポカポカ。
パパも、にっこり、わらいました。


f:id:oitan1961:20160110141514j:plain